社員紹介


齋藤 恭央

担当施設について
齋藤 恭央  私が担当している「東京汐留ビルディング」は、森トラストグループが保有する最大規模の複合施設であり、オフィス・店舗・ホテルで形成されております。
 オフィスには国内超優良企業のグループ本社、店舗には全国展開する商業施設エキスパート企業、ホテルには外資系最高級ラグジュアリーブランドが入居しております。このような格式高いお客さまの「安全性」を確保するため、本施設には4タイプの制震・制振装置や電力バックアップシステム等様々な最先端の設備が導入されております。

担当業務について
齋藤 恭央  ビルマネジメント業務は、単に技術面(ハード)や運営面(ソフト)の対応に限りません。オーナー形態や入居テナントにより最善の管理手法を選択することが必要であり、物件により業務内容は多岐にわたります。私が担当する施設では、「統括運営管理業務」を行っております。共同建築ビルのため両社の意見を集約し、管理委託専門会社との統括管理、各施設用途との情報連携を執ることでスマート管理が実現しました。実際、当施設において当社からの現場担当者は私一人で行っております。
 専門性の高い業務と思われがちですが、自身がスペシャリストになるのではなく、スペシャリストを使いこなすジェネラリストになることがビルマネジメントに求められる業務です。

仕事の「やりがい」について
齋藤 恭央  当施設の規模の大きさ、それに関わる人の多さから、大きな責任とやりがいを常に感じています。当社に入社し、様々な経験(社内外研修・資格取得制度など)を積み、幅広い知識を蓄積できたことが大きな自信となり、現在の業務の「やりがい」に繋がっています。
 ビルマネジメントという仕事はあらゆる相手先(オーナー・テナント・専門会社・社内他部署等)との連携により初めて成り立つ仕事です。そのため人としてのTRUST(信頼・信用)を常に意識し業務に励むことの重要性を感じています。

1日のタイムスケジュール
8:20 出社 宿直者より夜間業務報告
8:50 巡回 テナント出勤によるロビー混雑状況等、施設異常確認
10:00 社内会議 本社ビルにて運営管理状況報告
11:00 打合せ 技術部門担当者と懸案事項について打合せ
12:00 ランチ 汐留周辺の新規オープン店舗にてランチ
13:30 定例会 ホテルとの施設運営状況報告会
15:00 テナント訪問 テナントの要望事項について対応打合せ
16:00 資料作成 工事申請、官庁書類関係、オーナー宛報告書の作成
17:00 夕礼 委託専門会社からの日報報告
19:00 退社 退社後、友人と趣味のダーツバーへ

<<File.01へFile.03へ>>