社員紹介


佐藤 邦彦
担当施設について
佐藤 邦彦  私が勤務する京橋トラストタワーは2014年2月に竣工した、東京駅八重洲口から徒歩4分、京橋駅から徒歩1分という好立地にあり、5階から21階にオフィス 、1階から4階にホテル・店舗・貸会議室を併設するビジネスや観光を目的とした様々な人達が行き交う複合ビルです。
 ビルの大きな特長は、震災時に特に優れた機能を発揮するということです。高い耐震性能により震度6強クラスの地震でも被害を最小限に抑えられ、停電が発生した場合は、ビル実装の非常用発電機から非常電源のみでなく一般のコンセントや照明にも電源が供給されます。近い将来発生すると言われている大規模な地震では、ご入居されているテナント様の事業継続に大きく貢献することができます。
 また、ビルの周辺地域は多くの再開発プロジェクトが進んでおり、より魅力的な街に進化を続けています。今後、街の変化に合わせて人と人の繋がりが増え、どんな交流が生まれていくか非常に楽しみです。

担当業務について
佐藤 邦彦  京橋トラストタワーではホテル部分も含めた全ての施設を設備・警備・清掃等の専門スタッフと協力し、運営・管理しています。
 私が担当するビルの運営・管理には大きく分けて2つの重要な業務があります。
 まず、ビルで働かれる方やホテルに宿泊される方々に快適な環境が提供出来るよう、各種設備のメンテナンスを適切に行い、様々なご要望に迅速に対応していく事です。皆様にいつも快適な時間を過ごしていただき、オフィスやホテルを安定的に利用していただくことは、ビルの資産価値の向上にもつながります。
 二つ目は建物や各種設備の維持保全や改修工事を適切に行い、資産価値を常に高水準に保つ事です。適切な実施時期を見極める為には、我々現場で働く者の経験や判断が大きな役割を担っています。
 その他にも、ビルで発生する様々なトラブル対応、防災訓練の実施、省エネ対応など担当する業務は多岐にわたりますので幅広い知識を要求される業務ですが、日々勉強の毎日だと思い精進しています。

仕事の「やりがい」について
佐藤 邦彦  ビルマネジメント業務はより良いビル作りの為に様々な人達と密接に関わりながら業務を行います。日々変わっていく日常の中で、検討課題は尽きる事なく、知恵を出し合いながら充実した毎日を過ごしています。
 この度、森トラストグループの新規プロジェクトである京橋トラストタワーの運営・管理を任されることになり、ビルが竣工する前から図面の確認や打ち合わせを重ね、管理運営方針の企画立案にも携わり、竣工検査にも立ち会いました。
 快適な環境や機能性を有するビルを造り上げる為には、現場で培ってきた経験やノウハウをフィードバックさせる事が重要であり、自分の意見や提案が採用され、形となったビルで働く事に非常にやりがいを感じています。

1日のタイムスケジュール
8:15 出社 メールの確認
8:30 始業(朝礼) 前日夕礼後から今朝までの業務報告や当日のスケジュールを確認
8:45 書類チェック 点検報告書等の確認
9:30 客先訪問 ご入居されているテナント様からの要望をヒヤリング
10:00 打合せ テナント様からの要望事項に対する対応方法を検討し、専門スタッフへ対応の指示を行います
10:30 書類作成等 保守点検の仕様書や必要資料の作成等
12:00 ランチ 職場近くで弁当を購入し、皆でランチ
13:00 内装工事定例 工事のスケジュール及び進捗状況の確認
15:00 トラブル対応 機器の不具合などに対して仮処置を行い、関係者へ連絡した後に、原因究明や対応策の検討をしていきます
17:00 夕礼 当日の業務報告及び翌日のスケジュール確認
17:30 書類整理等 業務日誌の作成、メールの確認、書類整理
19:00 退社

File.02へ>>